お花のある暮らし

 

切花をより長く保つには

thank you!

切花を長持ちさせる4つの方法

  1. 直射日光に当てない
  2. 高温を避ける
  3. こまめに花瓶の水を替える
  4. 定期的に少し切り戻す

切花は地面に生えている植物とは違った状態なので、手入れの仕方も大きく違います。 切花が花を咲かせるにはエネルギーが必要です。 しかし、切花には限られたエネルギーしかありません。収穫後の野菜と一緒で直射日光や高温は呼吸が荒くなりエネルギーの消費が激しくなり、鮮度が悪くなります。 切花は根がないので茎からストローのように水を吸う他ありません。そのストローが微生物で詰まると水を吸うことができなくなります。そのため、水を替えたり、切り戻したりする必要があります。市販の切り花栄養剤は抗生物質と界面活性剤、糖分を含んでいます。 花瓶の水として用いれば、微生物の発生を抑えるだけでなく、水揚げもしやすく、水道水に比べて花が大きく咲く傾向があります。 他にも方法はありますが、鮮度が悪くなることをいかにしないかがポイントとなります。


注目のお花屋さん

    今回のお花屋さんは
    今回は、東京で話題の花店をご紹介します。 JR大井町駅直結のアトレ大井町1Fにあり、中央改札口を出たすぐ横に位置します。大井町駅は京浜東北線…
お花屋さんを探そう
無料登録
広告掲載ご希望の方